HOME » もっと知りたい自然派住宅のこと » 自然住宅素材の豆知識

自然住宅素材の豆知識

自然住宅の床や壁、塗料に使われる素材(漆喰壁・無垢材・自然塗料)について解説しています。

自然素材として使われる無垢材

天然素材の家で使用される無垢材とは、床や壁に使用される天然の木材のみになります。ですから張り合わせた合成板などは無垢材とは言えません。一本の原木から角材や板を直接切り出したものみが無垢材です。

ではどのような木の種類があるかみてみましょう。

  • [杉]

日本家屋で多く用いられています。独特の香りと濃い木目、柔らかな触り心地があります。加工もしやすく、床・柱・屋根・壁・土木材など、多くの用途で使用されています。

  • [チーク]

高級素材であるチークは、丈夫でありながらも加工のしやすい素材です。経年変化で色合いが飴色に変っていき、独特の風合いをもっています。

  • [檜]

高級天然素材の代名詞とも言える檜は、独特の香りと艶のある質感が特徴です。水に強いため、床や柱ばかりでなく浴槽にも多用されています。

  • [松]

熱・湿気の吸収性が高いため、高温多湿の日本の風土にあっています。白っぽい質感は、ナチュラルな雰囲気があり、肌触りもよい木材です。

  • [樺・桜]

強度があって、衝撃の吸収性もあり、防水性能も発揮します。歪みも少ないためフローリングに最適な素材です。

  • [ナラ(オーク)]

硬い素材のナラは、木目がはっきりしています。表面が傷つきにくいために、建材としてだけではなく、家具の素材としても人気があります。

自然素材として使われる漆喰壁

漆喰とは消石灰を主成分に、砂、糊などの繊維質を加えて、水で練り上げた塗り壁の材料です。耐久性、吸放湿性、防火性、防カビ性に優れていて、家屋の壁として機能を発揮する自然素材です。

もちろんシックハウス症候群などにも有効で、日本の家屋で古くから使われてきた伝統的な壁材になります。その他にも自然素材の壁材には以下のものが有名です。

  • [珪藻土]

海底・湖沼に堆積した植物性プランクトンを原料とした自然素材になります。調湿性・断熱性・吸遮音性・脱臭効果などに優れています。

  • [シラス壁]

山噴出物であるシラスを使用した自然素材で、調湿性を持ち、結露の発生を抑えます。空気の清浄作用もあって、シックハウス症候群対策としても有用です。

自然塗料とは

床や壁などに自然素材を使ったならば、塗料も自然素材にこだわりたいものです。自然塗料は種類も多くあります。

  • [キヌカ]

国産の米ぬかと植物性油脂を原材料とする無臭の天然塗料になります。色は透明。無垢材の質感や木目を最大限に活かせます。

  • [ニカワ]

動物の皮や骨などの主成分であるコラーゲンが原料の塗料です。化学物質を一切含んでいないため、こちらもシックハウス対策に有効です。

  • [漆]

漆の樹皮から抽出した樹液を精製した塗料です。優美な光沢があり、高級感が得られます。

  • [柿渋]

渋柿の果実から抽出した渋を発酵・熟成させた天然塗料です。防虫・防腐・殺菌効果があります。淡褐色から濃褐色へ経年変化して渋みのある色合いが愉しめます。

  • [セラックニス]

インド・タイなどに生息する貝殻虫の分泌液に含まれる樹脂状物質を精製し、アルコールで希釈した塗料です。柔らかな塗膜で弾力性があり、剥がれにくいのが特徴。無味無臭で人体への影響もありません。